プロフィール

 

三上英昭  hideaki mikami


1967年 北海道札幌市出身
ITエンジニアとして独立起業して10年以上継続している。
業務専門知識を屈指した活動を続けている。

【現在の主な活動】

RPAを活用した業務改善およびロボット導入支援を実施している。
利用しているツールは「UiPath」(ユーアイパス)。
生命保険業界の豊富な経験を生かした活動を行っている。


【略歴】

1986年(20歳)
10名にも満たない小規模なソフトウェア会社に就職し プログラムの基礎を習得する。
就職当時コンピュータの「コ」の字もわからない状態からのスタートであったが、
半年ほどでプログラミングの基礎をマスターした。当時は伝票計算や集計ソフトの制作を
手がける。同社には1年間ほど在籍した後、中小規模のソフトウェア会社へ転職する。
その後、ソフトウェア会社に数社転職するが、いずれもスキルを買われてのいわゆる
「引き抜き」による転職となっている。

1997年(30歳)
生命保険のシステム開発が中心となった時期
プログラム製造から設計・テスト、顧客折衝までをこなすオールラウンドなエンジニア
として実績を重ねる。また、生命保険業界のシステム開発に5年以上携わっていたことから、
生命保険業界に強みを持つ。

2005年(38歳)
システム・デザイン研究所を立ち上げる。
エンジニアになった当初から、「会社としてではなく、私(三上)自身として開発をする
というポリシーでシステム開発と向き合ってきた。
そのためサラリーマンとしてのエンジニア業務に限界を感じるようになる。
2005年6月、親交のあった取引先関係者による後押しもあり、
システム・デザイン研究所として独立開業する。

専門家としての活動実績

2009年(42歳)

専門家プロファイルとして多くの方の問合せについてお答えさせて頂きました。(※2010年迄実施)

 

profile_ans


2017年(50歳)

ITエンジニアのための「人生戦略」の教科書(マイナビ出版)」の制作協力を実施しました(著書との対談コラム「お悩み相談室」として協力)

 

hideaki_mikamiをフォローする
三上英昭の公式サイト
タイトルとURLをコピーしました