早く帰る事にためらいは持たない

コラム

お先に失礼しますー」と言って、
どんどん同僚が帰宅するのを横目で見ながら、

パソコンでプログラムの
エラーをバシバシと片付けている

…と言うのが、

サラリーマンだった頃の自分でした。

今は自分が
お先に失礼しますー」と言えるような状況となっている。

でも最初の頃は、
早く帰る事にためらいがなかった訳ではなく、

まだ仕事をしないと帰れないだろうと言う気持ちがとてもあった。

そうこれが、
ワーカホリック」と呼ばれる人の症状の1つです。

  • 他人から仕事のし過ぎと言われる
  • 趣味が仕事である
  • 私生活よりも仕事第一だ
  • 仕事をしていないと落ち着かない
  • 体調が悪くても仕事がしたい

ここに挙げた項目に該当が多い人程、「ワーカホリック」状態です。

ギャンブル依存が危険と言われいますが、
それに匹敵するほど危険なものなんです。

そのまま放置すると、
そこから抜ける事が出来なくなってしまいます。

自分が壊れる前に早めに対処すべきです。

それに、
仕事は緩急をつけた方が、ずっと続けるよりも進むものです。

今日くらいは目の前のパソコンを閉じて、
仲の良い仲間と飲みに行くか、家族と一緒に食事をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました