プログラムを作らないエンジニア

コラム

ITエンジニアと言うと 「プログラムを作ってる人」と思って いる方も多いです。

他の業界の人から見ると、何だかわからない呪文のようなものを書いている人

と言うイメージですよね。

確かにそれも仕事の範囲ですが、私が主に行っているのは、

そう言う仕事ではないです。

会社のシステムを改善するための施策を検討したり、

新しい商品を販売するために、どのように事務を改定するのか

と言うようなことをサポートすることが大半です。

当然、検討するためにはその業種の知識は熟知していなければ話も出来ません。

この仕事をするためには、経験が5年でもまだヒヨコで、

10年以上で、「少しはましになったね」と言われます。

何故そんなに経験が必要かと言うと、「正解がない」仕事だからなんです。

この通りにやればいいよと、お決まりパターンがあれば いいのですが、

それぞれの会社ごとの独自ルール があって、そのルールを尊重する 必要があるので、

お決まりパターンと言う訳には 行かないんです。

「そんなの変えればいいじゃん」

と思うかも知れませんが、 そこで働いている人の仕事を
わざわざやりにくくすることを 提案なんか出来ません。

なので、その会社の独自ルール を踏まえつつ、
柔軟な発想力と業種としての知識をミックスした上で、
提案をして仕事を進めます。

方向性が確定してしまえば後は必要なシステムを作る作業になりますので、

ここからは、プログラムを作ると言う話しになってきます。

仕事としてのやりがいは、とてもあり需要もありますが、
いかんせんそこまでに至るのにとても時間がかかるので、
担い手が不足ぎみと言うのが悩みです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました