依頼された内容は本音ではない

コラム

何かのシステム開発をする場合、依頼元の要望をもとに作り上げるのですが、

実際に要望通りに作り上げても、納得するのは稀な話で、

大抵の場合、

うーん何か思ったのと違う」と言われてしまい、

手直しや作り直しをする 場合が多いです。

何故そうなるのか?

それには訳があるんです。

それは依頼する側も 曖昧な状態な場合が多いんです。

・何となく思いつき程度だった。

・あったらいいな程度だった。

なんて話もありますので、その通りに作り上げても 違和感が出てしまうんです。

これはシステム開発の 話だけではありません。

例えば、

「必ず痩せる方法はありますか?」と言う話を聞いて、

「食事制限をして有酸素運動を。。」 と愚直に回答しても、

それが本当に欲しい答えでは ない場合が多いです。

彼女(彼氏)が欲しいからとか、 異性にモテたいから

と言うのが本音ならば、それを叶える方法が本当に欲しい回答になります。

このように相手の悩みを解決してあげようとした場合、

本当に叶えたい事は何かと言うのを、再確認するアプローチが 重要になります。

「わかりました。では、それを実現して 何を解決したいのですか?」

と言うような問いかけをするのも、一つの方法だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました