「黒の弁当箱」が懐かしく思える

その他

仕事をしていてふと思う事がある。

「黒の弁当箱は良かったな」と..

「黒の弁当箱」とは、エンジニアの間で俗称で呼ばれていたノートパソコンの事である。

「ThinkPad」と言えば わかる方もいると思います。

今のノートパソコンのような スタイリッシュな形ではなく、

四角で武骨な形状でしたが、キーボードがとても優秀なので、

タイピングした時の感覚が、とても心地良かった記憶があります。

また、キーボードの真ん中に、トラックポイントと言う赤いポッチがついていて、

それをマウスの代わりに 使えていました。

サラリーマンエンジニア時代、

「黒の弁当箱」は、「友」と言うべき存在であった。

プロジェクトの仲間と深夜残業に明け暮れた日々、

「黒の弁当箱」を朝から晩まで 休みなく使い続けていました。

ちょっと落としたりぶつけても、全く問題ない「友」は、

とても頼もしく感じていました。

あれから何年もたった今、

手元にあるのは、「黒の弁当箱」ではなく、

赤いポッチもない普通のノートパソコンです。

仲間から評判が良かったレッツノートや、他のノートブックも試してみたが、

自分の記憶に残っている 「黒の弁当箱」と比較すると、

どうしても納得感を得る事はなかった。

単なるデータ入力機器として、あきらめて使い続けたノートブックも

そろそろヘタってきたので、買い替えるつもりだが、

「友」にはいつ出会えるのだろうか…

コメント

タイトルとURLをコピーしました