仕事は自分が決める

コラム

案件の依頼があってもすぐに 受けることはない。

「その仕事は面白いのか?」 と言うのが一番のポイント

何でも屋さんになると、

仕事の質が落ちてしまうので、これだけはゆずれない。

案件のオファーは個別に依頼が入る場合もあるが、

懇意にしている会社経由で入る場合もある。

このスタイルは、事業をスタート させてずっと継続している。

2005年から開始したので、早いものでかれこれ10年は経過した。

サラリーマン時代には、仕事を決めるなんて考えられなかったことだが、

今はそれが普通になっている。

たまに、興味がわかない案件しかない場合しばらく依頼を断ることもある。

それが自分のスタイル

これからもこれを貫いて行こう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました