仲良く平等にするのがポイント

コラム

子育てをしていて、
子供たちからよく出てくるキーワードがこれです。

○○ちゃんばっかりズルい

このフレーズは何十回聞いたかわかりません(笑)

ズルい事なんてしてないんですけど…

自分の事だけを見て欲しいと言う
表現の1つなんですよね。

このフレーズが出た場合、
双方にそれぞれ説明してあげないとふてくされて
言うことをきいてくれなくなってしまいます。

キチンと平等に、
説明して納得させるのが大切なんです。

これは子供の話ですが、
一概にそうとも限らないんです。

例えば、上司が二人の部下に対して片方の部下ばかり
ほめていると、もう片方の部下は、

○○ばっかりヒイキしやがって
と思い始めます。

ただ、子供と違うのは、
表面的には何でもないようにつくろうので、
見過ごすとドンドンとマイナスな気持ちを溜め込んで
いくんです。

ある日、
もう耐えられない!」と言って爆発する日が
来てしまいます。

このような事にならないためには、
双方が共にいる時に片方だけを褒めるのをやめて、
常に平等に接するように心がけます。

片方の部下しかいない時、
廊下等ですれ違った時、
タバコ部屋などで

○○くん、あの件かなり順調と聞いてるよ。よくやったな!

とサラッと言うようにすると、
もう片方の部下もストレスを受けにくくなります。

人は大人になったからと言って、
そうそう変わらないものです。

特に感情と言うものは、
子供であれ、大人であれ根本としては
同じようなものを持っています。

もういい大人なのにそんなこと
思うでしょうが、それが人の本質なんです。

この方法は、たくさんの人と接する機会の
多い方も覚えておくと良いと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました