選ばれる人とそうでない人の違い

コラム

常に選ばれる人とは?

どんなに仕事が出来ても、次には声がかかからない人がいます。
逆に絶えることなく常に仕事の依頼が入る人がいます。

この違いは何かわかりますか?

第一に文句の多い人は確実に嫌がられます。

何かにつけてクレームを言う人がいます

・納期が早い
・依頼内容が曖昧でわかりにくい
・金額が割に合わない

次に仕事内容が雑な方です。

これも困りもので、

やればいいだろう

と言う姿勢で仕事をするのでどうしても雑な結果になってしまいます。

最後にお金儲けしか考えていない方です。

少しの変更でも追加料金をドンドン請求して結果的には最初の依頼の
何倍も請求する人もいます。

依頼主もこのような方には依頼を出さなくなるのは自明です。

まずは自分の実力をわかってもらう為にも、
四の五の言わないで仕事を受けてキッチリと仕上げる事が重要です。

少々の変更程度ならドンと引き受ける度量も持ち合わせておくべきです。

そうする事によって、

これほどの仕事をしてくれるなら

と次の発注も依頼されるようになります。

これは”返報の法則“と言うもので、
相手に価値のあることや求めていることをすることで、相手もお返し
したくなると言う人間としての心理が起因しています。

これをビジネスに活用することによって、常に仕事が絶えることがない
状況を作り出すようにするのがコツです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました