ビジネスマインド

お金は「もらう」側にはならない

スポンサーリンク

毎日同じタイミングで会社から支払われるお金に
ついてどのように感じていますか?

会社から毎回もらっている
と言う考えをする方は、その発想をやめた方がいいです。

サラリーマンであろうと
事業主であろうと、
お金を「もらう」と言う考えでいると
いつまでたっても、相手と対等にはなれません。

個人や会社の規模に関わらず、
自分の力を使って成果を出しているなら、
お金を「稼いでいる」と考えましょう。

そうしないと、

昇給はまた次と言うことで...
取引を続けるから今回はこれで..

と言う話にすぐ承諾してしまい自分の価値を下げてしまいます。

自分に自信があるならばこのような話が出た場合、
まずは相手と交渉すべきです。

話が平行線になるようでしたらその場はひとまずは引き、

再交渉をしてそれでも無理なら
その会社とのつき合いは考えるべきです。

・会社と自分は対等だと思うこと

・自分の力を過小評価しないこと

これからさらに「稼ぐ」ためには、
この気持ちは必須です。

起業を考えている方や既に事業を営んでいる方なら、
取引先との話をする時に、

自分が価値のある人材であることを忘れずに前向きに、
話合いをしましょう。

会社勤めの方なら、
自分の力がキチンと評価されるように
会社にアピールしましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

hideaki mikami

ITエンジニアとして独立起業して15年以上継続!業務専門知識を屈指した活動を展開して会社に依存する人生から、自分で選択出来る人生を歩んでいます。

-ビジネスマインド

Copyright© 三上英昭の公式サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.